私と世界は境目が無く ひとつにつながっていた

LINE@

生まれたばかりの赤ちゃんは
何の価値観も持っていない

だから

目に見えるものは
ひとつのつながりの世界に見えていた。

私=世界 世界=私

私と世界は境目が無く
ひとつにつながっていた。

近くにボールがあったとしたら、
それは、さわるとコロコロと転がる
ただそこに”ある”ものだった。
ただそれだけ。

それが・・・

親や近くにいる人達から
それの名前を教えてもらった。

『これはボールだよ』『”ボール”』

するとそこから、
私はボールではない。
ボールと私は違うものという分離が始まった。

『これは犬』
『それはひまわり』
『あれはくるま』

名前を教えてもらうたびに、
私と世界はだんだんと切り離されていった。

気がついた時には
私と世界はひとつではなくなっていた。

もう一度、最初の頃を
思い出してみると良いよ♪

私と世界はひとつだったってことをね♡

 

\ リアルタイムにお届け!/
地球人生を楽しむためのエッセンス
言葉、気づき、イベントお得情報を
《筆文字》と共にLINE配信しています♪

登録はこちらから→http://line.me/ti/p/%40dyj2800c
または、
LINEにてこちらを検索!→ @dyj2800c

http://line.me/ti/p/%40dyj2800c
ご登録お待ちしております♪

LINE@